天沢聖司が雫を好きな理由は?魅力や惹かれた時期も考察!

ジブリ作品の『耳をすませば』は、

ヒロイン・月島雫と天沢聖司の淡初々しい恋愛や、夢を追いかける姿を描いた名作ですね。

何度も地上波で放送されているので、見たことがある人も多いのではないでしょうか?

ここでは、本編ではっきりと語られていない「天沢聖司が雫を好きな理由」について、ネット上の口コミも参考に考察してみたいと思います!

天沢聖司が雫を好きな理由は?

この作品での二人のイメージですが、

  • 天沢聖司=イケメン
  • 月島雫=平凡女子

と感じています。

イケメン天沢聖司が雫を好きになったのは、どんな理由だったのか気になりますね!

理由①同じ本をよく読んでいたから

図書館の本についている貸し出しカードの名前を見て、雫はいつからか天沢聖司のことを意識し始めます。

ファンタジーという同じジャンルの本が好きという共通点から、

天沢聖司も雫のことが気になり始めたと考えられますね!

理由②素直で明るいところ

『魔法みたい!』など、雫は思ったままを素直に発言する姿や、

理由③

 

 

雫の魅力はどこ?

 

魅力①

 

魅力②

 

天沢聖司が雫に惹かれた時期はいつ?

天沢聖司は、ストーリー中の屋上シーンで、

  • 「ずっとしずくに気がついていた。」
  • 「お前に気がついてもらうために随分本を読んだ。」

と言っていて、雫の存在をはっきり認識していましたね。