充填豆腐の賞味期限切れで10日過ぎた!いつまで食べられる?

充填豆腐の賞味期限切れで10日過ぎた!いつまで食べられる?食品

冷蔵庫に入れていた豆腐、気が付くと「もう賞味期限が過ぎていた!」なんてことありますよね。

賞味期限とは、「未開封で、書かれている保存方法を守って保存した時の、おいしく食べられる期間」のことを言います。

豆腐の種類の中でも長持ちすると言われている充填豆腐ですが、実際いつまで食べられるのでしょうか?

充填豆腐の賞味期限等について調べたことをまとめています。

ぜひ賞味期限が過ぎてしまった時の参考にしてみてくださいね。

【この記事でわかること】
●充填豆腐とはどんな種類の豆腐?
●充填豆腐の賞味期限の長さ

●充填豆腐の賞味期限切れ10日を過ぎたものは食べられるの?
●充填豆腐はいつ頃から食べられなくなるの?

充填豆腐とはどんな種類の豆腐?

充填豆腐

充填豆腐(じゅうてんとうふ)とは、

『容器に隙間なくピタっと詰められた、水の入っていない豆腐』のことをいいます。

3個パックになっている小さめの豆腐がありますよね。

あのような豆腐が充填豆腐です。

 

充填豆腐の賞味期限の長さ

一般的な豆腐の賞味期限は、このくらいになっていることが多いようです。

  • 普通の豆腐の賞味期限(未開封):3~10日前後
  • 充填豆腐の賞味期限(未開封):2か月

賞味期限の長さが全然違う!

なぜこんなにも賞味期限の長さが違うのか、疑問に思いますよね。

答えは、製造方法の違いにあります。

 

充填豆腐と絹ごし豆腐の賞味期限が違う理由

あまりにも賞味期限の長さが違う二種類の豆腐。

大きな違いは、製造方法によるものです。

 

絹ごし豆腐の製造方法

はじめに、絹ごし豆腐の製造方法から説明します。

絹ごし豆腐などの普通の豆腐(パックに水が入っている豆腐)は、二種類の製造方法があります。

  • 加熱製造タイプ
  • 非加熱製造タイプ

 

特に非加熱製造タイプの豆腐は、製造工程においてパック内を水で満たす必要があります。

水の中にはもともと微量の雑菌が存在するのですが、どうしてもそれごとパッキングしている状態といえます。

そのため、賞味期限はどうしても短めになっているんですね。

 

充填豆腐の製造方法

かわって、充填豆腐の賞味期限は2か月くらいと言われています。

賞味期限の長さの秘訣は、充填豆腐の製造方法が普通の豆腐とは異なるため、普通の豆腐より長持ちするのです。

【充填豆腐の製造方法】
①豆乳などの材料を、直接容器に充填。
②先に蓋をして、高温で温める。
→密封した容器をそのまま温めるので、豆腐を固めながら「加熱殺菌」も同時にしている

このような製法によって、充填豆腐は普通の豆腐よりも賞味期限が長くなっていますよ。

製造後、消費者の手元に来るまですでに数日経過していると考えられますが、それでも賞味期限が2か月というのは十分な長さです。

「加熱殺菌」の工程の有無が、豆腐の賞味期限の長さのポイントだと言えますね。

 

充填豆腐の賞味期限切れで10日を過ぎたものは食べられるの?

クエスチョン

そんな長持ちの充填豆腐ですが、賞味期限が10日過ぎてしまったものは食べられるのでしょうか?

賞味期限を1週間~10日過ぎてしまった充填豆腐は、以下のような状態に近いと思われます。

 

においの変化

➡特に変化なし

まだいつもの豆腐のにおいがしますよ。

 

見た目の変化

➡特に変化なし

形が崩れたりもしていません。

 

注意すべきポイント

上記のように、賞味期限が1週間~10日過ぎた充填豆腐は、においや見た目などの状態に大きな変化はありませんでしたね。

ただし見た目に変化がなくても、食べるかどうかを判断する注意すべきポイントがあります。

  • においが無臭になった
  • 味がしなくなった

このような状態になれば、腐る直前の状態と判断できるようです。

(加熱すれば食べられる、というギリギリのところです。)

 

食べる・食べないの結論

充填豆腐の賞味期限が1週間~10日を過ぎた頃でも、まだ食べられる状態であることが多いよう。

※食中毒などの原因菌は、見た目の変化がまだなくても増殖していることがあり得ます。

食べる場合は加熱調理で火を通すことをおすすめします。

※もちろん、食べる人の体調等も含め総合的に検討をお願いします。

これらも考慮してご判断なさってくださいね。

 

充填豆腐はいつ頃から食べられなくなるの?

ポイント

1週間~10日ほど賞味期限が過ぎた充填豆腐は、加熱調理で温めれば食べられそうでしたね。
では、どのくらい賞味期限を過ぎると食べられなくなるのでしょうか?
賞味期限切れ2週間の充填豆腐の場合で、どのような状態になるかを説明していきます。

においの変化

➡無臭になる
➡異臭がし始める

見た目の変化

➡特に変化がなし

➡少し形が崩れ始めることも

 

味の変化

➡特に変化なし

➡だんだん腐った味がしてくる

 

食べる・食べないの結論

  • 加熱調理などはもう効果がなく、もう食べないほうが良さそう
  • 賞味期限を10日~2週間過ぎるあたりから、食べられなくなる状態に変化しているよう。(腐り始めます)
賞味期限が2週間も過ぎてしまったものは、完全にアウトと考えられますね。
「加熱処理すればなんとか!」の救済方法も効きません。。。

充填豆腐の賞味期限で10日過ぎたものは食べられる?のまとめ

充填豆腐は、密封容器を加熱殺菌しながら製造するので、ふつうの豆腐より長持ちします。

賞味期限が10日過ぎたもの:状態によっては加熱調理すれば食べられそう

それ以上に賞味期限が過ぎたもの、異臭等がするもの:加熱調理関係なく食べないほうが良い

 

やはり「賞味期限が長いこと」の使い勝手の良さは絶大ですね!

食品の痛みが気になる夏場は特にこちらの豆腐を選びがちです。

できるだけフードロスなく、買った食品は使い切っていきたいものですね♪

 

※賞味期限が過ぎた豆腐を食べる際は、豆腐の状態の確認や、食べる人の体調などを考慮された上で、ご自身のご判断でお願いいたします

食品
スポンサーリンク
My Time