箱根駅伝2023年現在地今どこを走ってる?首位はだれ?

箱根駅伝2023年現在地今どこを走ってる?速報で随時更新中!箱根駅伝

2023年1月2日(火)・1月3日(水)に行われる「第99回箱根駅伝」!

関東学連を含め、21校が出場します。

こちらでは駅伝当日に「今どこを走っているのか?」を速報でお伝えし、随時更新しています。

当日に中継を見れない人など、時間の合間にぜひご覧ください!

【この記事でわかること】
●箱根駅伝2023年現在地は今どこを走ってる?
●各区間の速報(トップ通過大学、タイム)

箱根駅伝2023年現在地は今どこを走ってる?

速報で、現在地と今どこを走っているのかを随時更新で追記していきます。

●箱根駅伝2023年の中継アナウンサーはだれ?【女子アナ顔画像】も

箱根駅伝2023年中継アナウンサーまとめ

 

往路コース

●1月2日(月) 朝8:00出走
●往路(107.5km)を、1区~5区で分けて走る

 

1区(21.3km):大手町読売新聞社前~鶴見中継所

【1区の特徴】

  • 午前8:00スタート
  • 前半に新八ツ山橋の上り、後半に新六郷橋の下りがある
  • 全体的に平たんコース
  • レースの流れを左右する
  • 区間記録は1時間1分6秒(2007年東海大:佐藤悠基)
地点トップ通過選手通過タイム
読売新聞本社前新田
(学生連合)
増上寺新田
(学生連合)
品川駅新田
(学生連合)
京急蒲田駅新田
(学生連合)
44:44
鶴見中継所富田
(明治大)
1:02:44

 

 

 

新田選手が首位独走状態です!

2位集団が競り合いを続ける中、大きな差が開いています。

21km地点で2位集団がばらけはじめ、中央大が2位に出ました!

 

1区の順位と通過タイム

1区順位選手名(大学)通過タイム
1位富田(明治大)1:02:45
2位円(駒澤大)1:02:53
3位松永(法政大)1:02:53
4位溜池(中央大)1:02:53
5位横山(創価大)1:02:53
6位野村(順天堂大)1:02:53
7位目片(青山学院大)1:02:53
8位木山(山梨学院大)1:02:53
9位山崎(日本体育大)1:02:53
10位山谷(東京国際大)1:02:53
11位野村(城西大)    1:03:16
12位青木(國學院大)    1:03:16
13位網島(国士舘大)    1:03:16
14位間瀬田(早稲田大)    1:03:24
15位久保田(大東文化大)    1:03:24
16位小野(帝京大)    1:03:30
17位児玉(東洋大)    1:03:39
18位林(立教大)    1:04:05
19位梶谷(東海大)    1:04:07
20位千代島(専修大)    1:04:29

 

 

 

 

 

 

 

●中央大・吉居大和がかわいい!【顔画像】で弟もかわいい顔なのか調査!

吉居大和がかわいい【顔画像】はこちら

 

2区(23.1km):鶴見中継所~戸塚中継所

【2区の特徴】

  • 平地の最長区
  • 「花の2区」と呼ばれ各チームのエースがしのぎを削る重要区間
  • ごぼう抜きが見られる、見ごたえ抜群の区間
  • 2009年「日大のダニエルの20人抜き」は伝説の記録
  • 区間記録は1時間5分57秒(2020年東洋大:相沢晃)
地点トップ通過タイム
鶴見中継所田澤
(駒沢大)
横浜駅吉居大和
(中央大)
1:26:25
権太坂(登り)15.3km田澤
(駒沢大)
1:45:55
戸塚中継所吉居
(中央大)

・横浜駅通過後、3位にいた田澤廉(駒沢大)が2位に戻ってきました!

・横浜駅地点でのトップと最後尾の選手との差は、21分差。

・吉居大和が、2区をとても良いペースで快走!
その後ろを田澤廉が安定的な走りでマーク。

・権太坂の手前で、1位の吉居大和を抜いて、2位の田澤がトップに出ました!(1:38:30)

・14km地点で、3位の近藤(青学)が2位の吉居を抜いて2位に出ました!

・平林(国学院大)が、5人抜きで12位から7位まで浮上しました。

・3位の吉居大和(中央大)が、2位の近藤(青学)と並びました!

 

2区の順位と通過タイム

2区順位選手名(大学)通過タイム
1位吉居(中央大) 1:06:22
2位田澤(駒澤大) 1:06:34
3位近藤(青山学院大) 1:06:24
4位ムルア(山梨学院大) 1:07:21
5位ムルワ(創価大) 1:07:28
6位平林(国学院大) 1:07:32
7位内田(法政大)1:07:52
8位カマウ(国士舘大) 1:07:54
9位三浦(順天堂大) 1:08:10
10位丹所(東京国際大) 1:08:11
11位石原(東海大)     1:08:13
12位藤本(日本体育大)     1:08:43
13位小沢(明治大)    1:03:16
14位石塚(早稲田大)    1:03:24
15位斎藤(城西大)    1:08:45
16位西脇(帝京大)    1:09:12
17位キサイサ(専修大)    1:09:04
18位國安(立教大)     1:09:37
19位石田(東洋大)     1:10:03
20位ワンジル(大東文化大)     1:11:34

 

3区(21.4km):戸塚中継所~平塚中継所

【3区の特徴】

  • 10キロ付近まで緩やかな下り坂
  • 浜須賀から海岸沿い(国道134号)を走るコースなので海風の影響を受けやすい
  • 正面に富士山、左手に相模湾の景勝地コース
  • 区間記録59分25秒(2020年東京国際大:ヴィンセント)
地点トップ通過タイム
戸塚中継所中野
(中央大)
藤沢警察署
浜須賀交差点
11.8km地点
茅ヶ崎中野
(中央大)
平塚中継所中野
(中央大)

・4km地点:トップ駒澤大は独走中、3位の東京国際大が2位青山学院大を抜きました!

・湘南エリア:追い風が少し吹いていますが、あまり風の影響はないようです。

・21km地点:1位駒澤大・2位東京国際大・3位青山学院大がせめぎ合っています!

・21.4km地点:青山学院大の太田選手がトップに出ました!
区間賞も狙えるタイムのようです!

 

3区の順位と通過タイム

3区順位選手名(大学)通過タイム
1位中野(中央大)3:11:13
2位篠原(駒澤大)3:11:23
3位井川(早稲田大)3:11:49
4位森下(明治大)3:12:53
5位山本(國學院大)3:13:24
6位花岡(東海)3:13:27
7位伊予田(順天堂大)3:13:30
8位横田(青山学院大)3:13:34
9位小林(東洋大)3:13:35
10位漆畑(日本体育大)3:13:43
11位キムタイ(城西大)           3:13:53
12位白井(東京国際大学)    3:13:57
13位川上(法政大)    3:14:38
14位山森(創価大)    3:14:56
15位成島(専修大)    3:15:49
16位関口(立教大)    3:16:15
17位小林(帝京大)    3:16:53
18位入浜(大東文化大)    3:17:17
19位村上(山梨学院大)    3:17:41
20位山本(国士舘大)    3:19:22

 

 

 

 

 

 

 

4区(20.9km):平塚中継所~小田原中継所

【4区の特徴】

  • 前半は平たんだが、後半は細かなアップダウンが続く
  • スピードランナーが競う、山上りへのつなぎ区間
  • 区間記録1時間30秒(2020年青学大:吉田祐也)
地点トップ通過タイム
二宮駒澤大
大磯警察署■■3.24:30
小田原中継所鈴木
(駒澤大)
4:12:23

・イェゴン・ヴィンセント選手(東京国際大)が、6人抜きでぐんぐん追い上げ、1位に出てきました!

 

4区の順位と通過タイム

4区順位選手名(大学)通過タイム
1位ヴィンセント
(東京国際大)
4:12:23
2位太田(青山学院大)4:12:23
3位鈴木(駒澤大)4:13:02
4位藤本(国学院大)4:13:57
5位吉居(中央大)4:14:41
6位佐藤(早稲田大)4:15:42
7位扇育(法政大)4:15:47
8位嶋津(創価大)4:16:02
9位越(東海大)4:16:06
10位北村(山梨学院大)4:16:18
11位尾崎(明治大)        4:16:20
12位柴戸(帝京大)        4:17:42
13位柏(東洋大)        4:19:02
14位大野(大東文化大)        4:19:19
15位石井(順天堂大)        4:19:45
16位馬場(立教大)        4:19:59
17位清水(国士舘大)        4:20:05
18位鈴木(城西大)        4:21:49
19位新井(専修大)        4:22:38
20位山田(日本体育大)        4:23:03

 

 

 

 

 

 

 

 

5区(20.8km):小田原中継所~芦ノ湖畔

【5区の特徴】

  • 箱根湯本駅の先からつづら折りの急こう配の坂を上る、山上りコース
  • 標高差は864メートルなので、寒さ対策も鍵を握る
  • ゴール前5キロ弱は下りがある
  • 区間記録1時間10分25秒(2020年東洋大:宮下隼人)
地点トップ通過タイム
函嶺洞門バイパス(駒澤大)
宮ノ下(駒澤大)
小桶園(駒澤大)4:52:54
箱根町芦ノ湖駐車場(駒澤大)

5区の順位と通過タイム

5区順位選手名(大学)通過タイム
1位(駒澤大)
2位(中央大)
3位
4位
5位
6位
7位
8位
9位
10位
11位
12位
13位
14位
15位
16位
17位
18位
19位
20位

 

 

 

 

 

 

 

 

●箱根駅伝2023年の各大学のアンカーはどの選手?

箱根駅伝2023年アンカー選手まとめ!

復路コース

●1月3日(水) 朝7:00~

●復路(109.6km)を、6区~10区に分けて走る

6区(20.8km)芦ノ湖畔~小田原中継所

  • 午前8:00、往路のゴール順にスタート
  • 往路優勝校との差が10分以上のチーム・・・午前8:10に一斉スタート
  • 序盤4kmの上り以降は、山を下り続ける過酷なコース
  • ゴール前3kmは、ほぼ平たんに戻る
  • 区間記録57分17秒(2020年東海大:館沢亨次)

6区トップ通過:●●大・■■が00:00

  • 2位:●●大が、00:00
  • 3位:●●大が、00:00

 

 

7区(21.3km)小田原中継所~平塚中継所

  • 前半はほぼ平たん、9km過ぎからアップダウンが続く
  • 気温が上がる時間帯で、ペース配分が難題
  • 区間記録1時間1分40秒(2020年明大:阿部弘輝)
トップ通過:●●大・■■が、0:00:00

2位:が、●●大が、0:00:00

3位:●●大が、0:00:00

8区(21.4km)平塚中継所~戸塚中継所

  • シード権争いが激しさを増す区間
  • 16km過ぎまでは平たん、遊行寺坂が難題
  • 区間記録1時間3分49秒(2019年東海大:小松陽平)

トップ通過:●●大が、1:04:49

2位:●●大が、1:04:49

3位:●●大が、1:05:02

9区(23.1km)戸塚中継所~鶴見中継所

  • スタート直後は下り坂
  • 起伏が多く、復路のエース区間。ここで抜け出せるかが優勝へのカギ
  • 区間記録は1時間8分1秒(2008年中央学院大:篠藤淳)

トップ通過:●● が、 : :

2位:●●大が、 : :

3位:●●大が、 : :

10区(23.0km)鶴見中継所~大手町読売新聞社前

  • アンカー争いで優勝へのドラマが生まれる最終区間
  • シード権争いなども見どころの区間
  • 区間記録1時間8分40秒(2020年創価大:嶋津雄大)

箱根駅伝2023年の総合優勝校は⁉

優勝は、●●大!
タイム 0:00:00  年ぶりの総合優勝!!!
●区間新記録!
●大会新記録!
その他、箱根駅伝詳細は公式サイトからどうぞ

まとめ

「箱根駅伝2023年現在地今どこを走ってる?速報で随時更新中!」と題して、箱根駅伝の順位やタイムを速報でお伝えしました。

  • 優勝校は、
  • タイムは、

でした!

箱根駅伝
スポンサーリンク
My Time