かねちー時間調整されたのは本当?マラソンゴールはもっと早かった?

かねちー時間調整されたのは本当?マラソンゴールはもっと早かった?24時間テレビ

24時間テレビの100キロマラソンで、兼近さんがゴールする時間を調整されたのでは?という疑惑が出ています。

ここでは、視聴者の口コミをメインに紹介しています!

 

かねちーはゴールを時間調整された?

兼近さんは、もっと早くゴールできていたはずなのに、番組の都合で時間調整して遅くゴールしたのではという口コミが多数上がっています。

 

 

 

視聴者からみてもあからさまな時間調整があったように見えますね。

 

過去のマラソンで時間調整はあった?

2021年の24時間テレビの100キロマラソンは、10人で行うリレー形式でした。

2021年の走者10人は下記のメンバーです。

第一走者:岸優太(キンプリ)

第二走者:水谷隼人(卓球)

第三走者:荒川静香(フィギュアスケート)

第四走者:川井梨紗子、川井友香子(レスリング)

第五走者:五郎丸歩(ラグビー)

第六走者:田中理恵(体操)

第七走者:長谷川穂積(ボクシング)

第八走者:丸山桂里奈(サッカー)

第九走者:林咲希(バスケットボール)

第十走者:城嶋茂(元チャリティマラソンランナー)

ほぼアスリートで構成されたメンバーですね!

このメンバーであれば、通常の100キロマラソンより速いタイムが出そうに思います。

ですが、昨年の走者の中でも第二走者の水谷隼さんは10キロで3時間1分かかっています。

他の走者は1~2時間で10キロを走っている中、1人だけ3時間もかかっている部分が気になりますね。

この第二走者の時間帯は深夜だったため、「時間調整があったのでは?」という口コミが見受けられました。

 

 

翌朝の早朝が第三走者のスタート時間だったので、深夜帯の水谷さんの枠で時間調整をされたという見方もありましたよ。

 

かねちー時間調整されたのは本当?マラソンゴールはもっと早かった?のまとめ

兼近大樹さんのチャリティマラソンのゴールが時間調整された疑惑に対する口コミや、過去のチャリティマラソンの時間調整の口コミについて紹介しました。

2022年のチャリティマラソンでは、早くごーるしてしまいそうな兼近大樹さんを時間調整しておそくゴールさせたかもしれないという口コミが多くありましたよ。