豆腐の賞味期限切れで1週間すぎた未開封は食べていい?判断基準も!

みなさんは、未開封の豆腐を1週間賞味期限切れにしてしまったことってありませんか?

ずぼらな筆者は、豆腐に限らず食品の賞味期限を切らしてしまう事がよくあります(笑)

なので今回は、未開封の豆腐を1週間賞味期限切れにしてしまった場合、食べられるのか、またその判断基準について調査しまとめました。

まずは、賞味期限切れ1週間の未開封豆腐は食べていいのか、また賞味期限と消費期限の違いは何なのかを見ていきましょう!

豆腐の賞味期限切れで1週間すぎた未開封は食べていい?

とうふ

未開封の食材で1週間くらいなら賞味期限を過ぎても大丈夫だと思えるものもありますが、豆腐は水が入っていたりするので少し気になりますよね。

まずは、賞味期限と消費期限の違いを見ていきましょう!

賞味期限と消費期限の違いは?

農林水産省によると、消費期限は袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「安全に食べられる期限」のことだそうです。

また、消味期限は袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のことだそうです。

簡単に言うと、消費期限は過ぎると食べない方がよく、賞味期限は美味しく食べられる期間ということのようです。

ただし、消費期限も賞味期限も、袋や容器を開けないで、書かれた通りに保存していた場合の安全やおいしさを約束したものです。一度開けてしまった食品は、期限に関係なく早めに食べるようにしましょう。とのことでした。

豆腐の賞味期限切れ1週間の未開封は食べられる?

いろいろ調べていると、消費期限は過ぎると食べない方がいいと言われていますが、豆腐は保存環境を遵守し未開封のままだと賞味期限が切れていても「2~3日」程度なら食べられる可能性があるみたいです。

豆腐の賞味期限切れを食べてもいい判断基準は?

賞味期限切れ

豆腐は、未開封のままだと賞味期限が切れていても「2~3日」程度なら食べられる可能性があるとなると、判断基準が気になりますよね。

見ていきましょう!

見た目の判断基準

豆腐が腐っている場合は、黄色く変色していたり、表面にカビが見受けられるそうです。

また、未開封のパックが膨張していたり、表面に粘り気が出てぬるぬるしている場合も食べずに廃棄した方が良いみたいです。

匂いの判断基準

豆腐が腐ると鼻を突くような異臭がすることがあるそうです。

豆腐は大豆由来の独特の香りがするのが特徴なので、どちらかというと淡泊で、あまり強い匂いはしないので酸っぱい臭いがする場合は、注意してください。

味の判断基準

見た目で腐っているのか判断できない場合、味でも判断できます。

口にした時に酸っぱい味がしたり、舌がヒリヒリとしびれる感覚がする場合は、腐っていますので食べない方がいいでしょう。

豆腐の賞味期限切れ1週間すぎた未開封の食べ方は?

湯豆腐豆腐の賞味期限が1週間過ぎていても未開封で腐っていなければ、食べることが出来ますが食べ方があるようです。

それでは、見ていきましょう!

加熱調理はマスト

豆腐はそのまま食べても美味しいですよね!

しかし、賞味期限を過ぎてしまったもの(特に賞味期限が過ぎて3日以上経過したもの)は食べれると確認したうえで、必ず加熱調理をすることをおすすめします。

また、小さな子どもや高齢者がいる場合は、期限が切れて3日以内でも必ず加熱することをおすすめします。

抗菌作用のある食材も一緒に使う

加熱処理以外にも、抗菌作用のある食材を一緒に使うのも1つの手でしょう。

食中毒予防におすすめの食材は梅干しや生姜、わさび、青じそ、酢など抗菌作用があるものだそうです。

どの食材も豆腐と相性が良さそうなのでいいですね。

豆腐の賞味期限切れで1週間すぎた未開封は食べていい?判断基準も!のまとめ

今回は、1週間賞味期限が過ぎた未開封の豆腐について以上のことが分かりました!

絹ごし豆腐や木綿豆腐といった「水入り豆腐」は日持ちも短く傷みやすいので注意が必要です。

パック内にピッタリ収まっており、いっさい空気に触れることなく殺菌されている「充填式豆腐」については腐りにくく保存期間も長いです。

豆腐は腐っていなければ、賞味期限を過ぎていても食べれる可能性はありますが、おすすめは出来ないので、注意してくださいね!

食品
スポンサーリンク
My Time