大学生の旅行予算2泊3日でどのくらい?安く抑える方法や割引クーポンは?

大学生の旅行予算2泊3日でどのくらい?安く抑える方法や割引クーポンは?旅行

大学生の間に行った旅行は、社会人になってからも良い思い出として残ります。

とはいえ、いざ旅行に行こうと思い立っても、不安になるのが必要な予算についてです。

旅行は思い切り楽しみたいところですが、やはり予算はできるだけ抑えたいですよね。

そこでこの記事では、大学生の旅行予算は2泊3日でどのくらい必要なのか・旅行予算を安く抑える方法や割引クーポンについてまとめました。

【この記事を読むと分かること】
●大学生が2泊3日の北海道旅行に必要な予算の目安は?
●大学生が2泊3日の大阪旅行に必要な予算の目安は?
●カップルで2泊3日の旅行に必要な予算の目安は?
●大学生の旅行予算2泊3日を安く抑える方法や割引クーポンについて

大学生の旅行予算2泊3日でどのくらい?

大学生の旅行予算2泊3日でどのくらい?

まず、大学生が2泊3日の旅行をする際に、どのくらい予算が必要なのかを確認しましょう。

この記事では、旅行先として人気が高い、北海道大阪への旅行予算を見ていきます。

また、カップルで旅行する際の予算についても確認しましょう。

 

北海道旅行の予算は?

大学生が2泊3日の北海道旅行に必要な予算は、1人あたり8~10万円程度だと言われているようです。

その内訳を交通費・宿泊費・現地での食事代・観光費用に分けて、一例をご紹介します。

 

<交通費>

飛行機で東京から北海道(新千歳空港)まで往復した場合、大人1名あたりで必要な料金は以下の通りです。

  • LCCを利用した場合:11,680~24,420円程度
  • 大手航空会社を利用した場合:78,000円程度

料金は時期によって変動します。

大手航空会社は、早割などを活用すると、通常よりも価格を抑えることが可能です。

またその他、広大な北海道内の移動にも料金が発生します。

車を運転することが可能であれば、レンタカーの利用がおすすめです。

 

<宿泊代>

宿泊費を安く抑えたい人は、ビジネスホテルなどを選ぶと良いでしょう。

素泊まりプランであれば、1泊あたり5,000円未満で宿泊できる施設もあるようです。

一方、大型リゾート施設や温泉宿を利用する場合は、さらに宿泊費が必要になります。

しかし、大型リゾート施設や温泉宿では、食事付きのプランが一般的なので、その分の食費は浮くことになります。

 

<現地での食事代>

北海道といえば、豪華なグルメが魅力です。

せっかくの北海道旅行なので、食事は贅沢したいという人も多いのではないでしょうか。

海鮮料理やジンギスカンといった豪華な料理を食べることを想定し、余裕を持って予算を設定しておいた方が良さそうです。

ここでは、1日の食事代を下記のように想定しています。

朝食~1,000円程度
昼食2,000~3,000円程度
夕食3,000~5,000円程度

 

<観光費用>

北海道にはたくさんの観光名所がありますが、中には入場料などが必要な施設もあります。

下記に一例を挙げてみました。

  • 旭山動物園の入園料:1,000円
  • 円山動物園の入園料:800円
  • 白い恋人パークの入場料:800円

北海道の土地は非常に広大です。

移動時間を考慮し、効率よく観光地を巡ることができるように計画を立てましょう。

 

【DMM.com】今なら送料無料でレンタルできる!スーツケースレンタル!!

 

大阪旅行の予算は?

大学生が2泊3日の大阪旅行に必要な予算は1人あたり6~8万円程度だと言われているようです。

その内訳を交通費・宿泊費・現地での食事代・観光費用に分けて、一例をご紹介します。

 

<交通費>

通常期に新幹線のぞみの普通車指定席で新大阪駅まで乗車すると、大人1名当たり往復で以下の金額となります。

■東京駅から:29,440円
■名古屋駅から:13,360円
■博多駅から:29,240円

出典:トラベルjp

 

<宿泊代>

ホテルのグレードや部屋タイプ、駅からの距離、食事の有無などにもよりますが、ざっくり分けると以下のような相場となります。

■ビジネスホテルや民宿など:10,000円未満
■スタンダードクラス:10,000~20,000円
■スーペリアクラス:20,000~30,000円
■デラックスクラス:30,000~50,000円

出典:トラベルjp

 

<現地での食事代>

くいだおれの街と呼ばれる大阪には、安くておいしいお店がたくさんあります。

新世界や道頓堀などで、食べ歩きを楽しむ観光客も多いようです。

現地での食事代は、食事のグレードにより差があるため、必要な金額は変わってきます。

ここでは、1日の食事代を下記のように想定しています。

朝食~1,000円程度
昼食1,000~1,500円程度
夕食2,000~3,000円程度

 

<観光費用>

大阪には、大学生が楽しめる施設がたくさんあります。

大学生におすすめの観光地と、必要な料金の目安を下記にまとめました。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の
1デイ・スタジオ・パス
8,400~9,800円
海遊館の入館料2,400円
通天閣の展望料金900円
あべのハルカス展望台
(ハルカス300)の当日券
1,500円



カップル旅行の予算は?

カップルの旅行では、余裕を持って予算を設定しておきましょう。

一般的に、カップルで2泊3日の旅行に必要な予算は1人あたり7~8万円程度だと言われているようです。

旅行先や旅行の目的によって、必要な予算は変動するため、目安として覚えておくと良いでしょう。

ここでは、カップルで東京から大阪に2泊3日で旅行する場合を例として考えます。

 

<交通費>

新幹線や飛行機を利用する場合、往復で30,000円程度必要です。

 

<宿泊代>

カップルでの旅行であれば、安いビジネスホテルというわけにはいきません。

可能な範囲で、グレードが高いホテルに宿泊したいと考える人も多いと思います。

そうすると、1泊あたり15,000円程度は必要となります。

 

<観光費用+食事代>

旅行の目的によって異なるところです。

パートナーとしっかり相談し、旅行の計画を立てていきましょう。

ここでは観光費用と食事代を合わせて、1日あたり10,000円程度を想定しています。

予算は、食事のグレードなどで調整することが可能です。



 

大学生の旅行予算2泊3日を安く抑える方法や割引クーポンは?

大学生の旅行予算2泊3日を安く抑える方法や割引クーポンは?

大学生の2泊3日の旅行はそれなりにお金がかかります。

しかし、勉強やサークル活動が忙しく、あまりアルバイトができない学生もいるでしょう。

そこで、大学生の旅行予算を安く抑える方法として、以下の4つをご紹介します。

①:安い時期を選ぶ
②:GoToトラベルを使用
③:予約サイトの割引クーポンを使用する
④:自治体の割引クーポンを使用

①安い時期を選ぶ

旅行代金は時期によって変動します。

旅行に行く人が少ないオフシーズンは価格が下がるため、費用を安く抑えたい人にはおすすめです。

旅行代金が安い時期(オフシーズン)とは、以下のような時期です。

<旅行代金が安い時期(オフシーズン)の例>

●お正月明け
●4月上旬~4月中旬
●11月~12月上旬

反対に、以下のような時期は、旅行代金が高くなります。
  • ゴールデンウィーク
  • お盆
  • 年末年始

 

②GoToトラベルを使用

GoToトラベル(Go To 2.0)では、ワクチン接種証明や陰性証明を活用することで、旅行代金の補助を受けることができます。

全国の旅行で利用することができ、その割引率は30%と非常にお得です。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、GoToトラベルは2020年12月より一時停止となっています。

再開の時期は未定ですが、再開となれば、ぜひ利用したいキャンペーンですね。

 

③予約サイトの割引クーポンを使用する

旅行の予約をする際は、ネット予約がおすすめです。

その理由は、各予約サイトに割引クーポンなどがあるからです。

宿泊予約の割引や、中には宿泊と交通費がセットになった割引クーポンもあります。

別々に予約する場合と比べると、大変お得です。



④自治体の割引クーポンを使用

旅行費用が実質割引となる「県民割」が自治体ごとに実施されています。

全国で利用可能なGoToトラベルとは異なり、県民割は近隣県で利用する割引クーポンです。

予約サイトのクーポンページなどで県民割の詳細を確認することができます。

しかし、自治体によっては予約サイトで扱っていない場合もありますので、各自治体の公式サイトをご確認ください。

 

大学生の旅行予算2泊3日でどのくらい?安く抑える方法や割引クーポンは?のまとめ

この記事では、大学生の旅行予算は2泊3日でどのくらい必要なのか・旅行予算を安く抑える方法や割引クーポンについて書きました。

ここまでをまとめると、以下のような内容でした。

<大学生の旅行予算は2泊3日でどのくらい必要?>

  • 大学生が2泊3日の北海道旅行に必要な予算は、1人あたり8~10万円程度
  • 大学生が2泊3日の大阪旅行に必要な予算は1人あたり6~8万円程度
  • カップルで2泊3日の旅行に必要な予算は1人あたり7~8万円程度

 

<大学生の旅行予算を安く抑える方法や割引クーポンは?>

①:安い時期を選ぶ
②:GoToトラベルを使用
③:予約サイトの割引クーポンを使用する
④:自治体の割引クーポンを使用

この記事を参考に、ぜひ楽しい旅行計画を立ててみてください!

旅行
スポンサーリンク
ゆるり育児